「女性ターゲットでサービスを売る」広告デザインの工夫!

デザインのブログ 2018.04.10

女性がターゲット

現代社会の広告でデザインを疎かにすれば、優れた企画やサービスを伝えられず、思った成果は上がりません。
そのため、プロのデザイナーに依頼する企業は数多くあります。
今回は家庭のお財布のヒモを握る「女性をターゲット」にした時に効果的な広告を打ち出す方法について、プロのデザイナーがお伝えします。

女性がターゲットの場合は「デザイン」が重要

女性がターゲット
女性をターゲットとする商品といえば、コスメ・ファッション・健康食品などがあげられます。
女性は男性よりも見た目や感性を重視するため、女性に商品を手に取ってもらうためには一にも二にも、高品質のデザインが重要となります。
また女性の口コミの発信量は男性の約2倍となるので、いかにサービスを拡散してもらえる企画を入れ込むかも大きなポイントです。

スマートフォンの普及によって、誰もが簡単に全国・全世界のアイテムを購入することができます。
それにつれて、インターネット上に公開するECサイトやWEBサイトの重要度も高まっています。
サイトに掲載されているデザインのレベルが低ければ、いくら素敵なアイテムを揃えても手に取ってもらえなければ、コンバージョン率もあがらず、利益に繋がりません。

女性がターゲットのサービスの場合は、オンライン広告やWEBサイトでは「見栄えのデザイン」には当然力を入れます。
ボタンやアイコンなど細部のデザインも女性はよく見ていますので、男性担当では気づかないレベルの細やかなこだわりが必要です。
単純な見栄えだけでなく、ショッピングカートから決済までの「ストレスのない導線」、
スクロールやマウスを当てた時のふわっとした動きなど「WEBのアクション」にも女性のユーザーにどう喜んでいただけるかを、プロの目線から考えています。

女性目線の効果的な広告戦略とは

広告戦略
女性は気に入ったアイテムはずっと長く使い続けていただける傾向が強いので、デザインではまずサービスや企業の安心感を伝えるべきです。
色合いもパステル系。フォントは最近では細めでシンプルなものが好まれます。
そして万が一、スタート段階でユーザーにご満足いただけなかったとしても、その後の改善に期待してユーザーの気持ちを繋ぎ止めることが大切です。
「売ったら終わり」ではない長期的な広告戦略が必要となるのです。

そこで、広告に対しての知識が豊富なプロと長く付き合っていくのが、手前味噌ですが一番オススメです。
プロによる優れた広告デザインは、ユーザーに「これからもずっとこのサービスを利用してみたい」という気持ちにさせる力を持っています。
逆に、完成度の高いサービスでデザイン性に欠ければ、魅力が伝わる以前に入り口を塞いでしまい、大きな機会損失が発生します。もったいないと思いませんか?

ブースのアイデア

自社に多数のデザイナーを入社させる規模の企業であればいいのですが、ベンチャーや中小企業ではやはり、デザイナー多く入社させるのは現実的ではありません。
デザイナーの採用には、給与や保険などの費用もかかり、会社を圧迫にもつながります。
一度雇用しても、そこから何十年間も最新のデザインを取り入れ成長し、後輩を育てていくのはとても大変です。

一方でデザイン事務所への外注やクラウドソーシングでは、料金も高くつくことがあります。

定額制デザイナーがパートナーとなれば、幅広いデザイン制作を依頼し放題です。
餅は餅屋ですので、デザインのプロに依頼することで、素敵な商品紹介を行えることで利益にも直結することでしょう。
毎月同じ費用でデザインし放題。デザインの幅も広い媒体で活用できるためオススメです。

定額制でデザイン・広報をプロに依頼し放題!『広報宣隊』WEBサイト

定額制デザインの広報宣隊

アクセス数: 1478 アクセス数: 1479
広報宣隊に興味が出てきた!問い合わせる!

とりあえず問い合わせ!

ページトップへ